テーブルクロスで気分転換!

テーブルクロスを新調した。何となく気分を変えたくなって、春夏用に麻の落ち着いた雰囲気のグレイッシュグリーンのクロスにしたら、想っていた以上に明るく春らしくなってウキウキしている。今日のおやつは近頃気に入っている、もち麦せんべいと地元のお茶屋高森名茶堂のほうじ茶。こんなささやかな変化と好きなモノを少し味わって大きく気分が変わる・・・・視えるもの、触れるモノ、味わうものは疎かに出来ないとつくづく想う。

小さく暮らす キッチン編 会場風景

あおもりインテリアコーディネーター倶楽部 インテリアイベント 今回は1日だけの開催。倶楽部員それぞれのテーマによるパネル展示を中心にテーブルコーディネート、照明による見え方の違い、キッチンに向いた床材、壁材、タイル、寸法把握、そして倶楽部員、メーカーによるギャラリートークなど小さな展示ですが、キッチンについて考える企画でした。

 

一日だけではもったいないので、Café&Galleryペーパームーンの協力で3月20日から展示に使用したパネルをギャラリーでご覧いただけます。

八戸の会員によるテーブルコーディネート↑

食器などを収納するときの使いやすい寸法把握コーナー↑

電球色と昼白色の違いによる食卓の見え方の違いを実感していただくコーナー↑

倶楽部員によるギャラリートーク↑

手前のテーブルは、今年2月から販売がスタートしたリンゴ箱の板を再利用したエコ家具「又幸(またさち)

 

 

 

冷蔵庫は人生を複雑にする?

元朝日新聞記者でアフロヘアーがトレードマークの稲垣みえ子さんのアエラ連載「アフロ画報」の冷蔵庫の記事が面白い。3・11をきっかけに冷蔵庫を持たない生活、節電生活を実践している稲垣さんは、朝日新聞に掲載された冷蔵庫の片付けを進める記事に注目する・・・すぐ食べるもの、急がないものを区別し一目でわかるようにすれば食材を腐らせることもなくなり食事の支度の時間も短縮できる・・・これに対し稲垣さんは考える

 「思うに、冷蔵庫は人生を複雑にするんですよね。それは、冷蔵庫の中には欲が詰まっているからです。あれも食べたいこれも食べたい。でも実際に食べられるものは限られていて、一時の欲はいつの間にか忘れ去られ、腐り……という無限ループ。そうこうするうち自分が本当は何をしたいのかがわからなくなる。ここをちゃんと制御できる人(冷蔵庫を整理できる人)は問題ないんでしょうが、私には無理だった。なので冷蔵庫をやめて強制的に欲望を制御されスッキリ。冷蔵庫は私の人生を腐らせていたのです。」

 

なまじ冷蔵庫があるばかりに・・・どんどん備蓄して、その内に備蓄したものを完璧に消費できるかどうかという問題を抱えていく。その日食べるものをその日に買っていた時代があった。賞味期限のラベルが付かなくても、ちゃんと自己判断能力が備わっていた。

・・・ものを腐らせない為の冷蔵庫は、ものを腐らせるという皮肉をはらんでいた・・・・

 

 

雛祭りの献立は、やはり!

昨日は3月3日雛祭り、夕食はちらし寿司。と云っても作り置きの昆布酢(砂糖・塩を入れたお酢を煮て、冷めてから昆布を入れ保存)はすし酢に使えるし、茹でた冷凍海老も、蓮根も昆布酢に漬けてあるし、後は錦糸卵を作って、刺身を買うだけ。大根の妻を省いた手巻き寿司用の刺身で、今回はご飯と刺身を分けて好きなようにのせて食べることに・・・。

ここ数日微熱が続き、体調が思わしくなく食欲もなかった。食べたいという気分が快復のシグナル! 私のブログはどうも「お鮨のネタ」が多い、これはやっぱりお鮨がいちばん好きだから? 

小さく暮らす ”キッチン編” 3月イベント開催

画像は小冊子とDM

 

小さく暮らす 居心地の良さを考える ”キッチン編 ”

 

   2019年3月15日㈮ 10:30〜17:00

 

■ 場所/ 青森市駅前 「AOMORI STARTUP CENTER」 

    青森商工会議所1F セブンイレブンが入っている建物 

    青森市新町1−2−18

 

■ ギャラリートーク 11:00〜12:00 

 (パネル展示を担当したそれぞれの会員によるギャラリートーク)

 

主催/公益社団法人インテリア産業協会 東北支部

共催/あおもりインテリアコーデイネーター倶楽部

協力/地方独立行政法人 青森県産業技術センター 弘前地域研究所

 

あおもりインテリアコーディネーター倶楽部が一昨年から取り組んでいるテーマ”「小さく暮らす」を考える” 今回はキッチンに絞って、私を含め倶楽部員がそれぞれの視点から考えたものをパネルでご覧いただきます。

 

・パネル展示〜1、毎日の食事・毎日の食器について

       2、キッチンリフォーム実践編

       3、家の食器を数えてみた

       4、わが家の鍋

        5、男子キッチン

        6、スウェーデンのキッチンとわが家のキッチン(私の担当

 

・体験コーナー〜使い勝手のいいキッチン収納、食卓の照明

 

・提案コーナー〜メーカーによるキッチン素材の紹介

         テーブルコーディネート etc.

 

・県内の各家庭の協力によるそれぞれのお宅のキッチン画像をスライド上映

 

今回の展示を通して居心地の良いキッチンとは? これからの暮らしの変化に対応できるキッチンとは? キッチンに必要なモノとそうでないモノとは?

一緒に考えてみませんか?

 

      

 

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM