会場が少しずつ変化しています!

現在Café&Galleryペーパームーンで開催中の原田要×菊池仙陽 展 明日15日㈬から18日㈯まで後半の会期となります。原田要氏の木による造形作品と現代いけ花の菊池さんが様々な植物や異素材を使ってコラボレーションするという今回の企画。金、土、日は菊池さんが在廊し、その間に植物が少しづつ加わっていて、空間が微妙に変化しています。最終日には果たして、どんな様子になっているのでしょうか? 街路樹で捨てられた枝も展示に生かされ、沖縄の植物で菖蒲の葉のようなスッとした姿のオクラレウカという植物は、菊池さんが特に好きな素材で、潔く、生命力を感じるからだといっています。きっとそういう生き方が好きなのではないでしょうか・・・。 原田作品は、仏像と同じ寄せ木で制作されています。赤や緑・黄などの色面を表として絵画として見て欲しい、白い部分は裏であるというコンセプトの作品。表をひたすら見て欲しいと訴えるようにその形状はぐんぐんと形を面白く変化させているように私にはみえます。人も、表の姿は、この作品のように、裏の姿なのかもしれない、と、原田作品のコンセプトから離れて次第に勝手な解釈へと会場にいて考えています・・・。

 

原田要×菊池仙陽 展 会場風景

Café&Gallery ペーパームーン5周年 企画 原田要×菊池仙陽 展が5月5日からはじまりました。会場風景をご覧下さい。初日前日に会場入りした原田さんと菊池さんがはじめてご対面、お二人のコラボレーションを企画したものとして何だか感無量です。

現代いけばなの菊池仙陽さん↑ 

欅、白樺、林檎など様々な樹種の枝から繊細なものだけが選ばれ、その枝で「絵画の庭」と題する木による造形の原田作品に菊池さんのイメージで絡み、潔く、生命力を感じさせる翠緑のオクラレウカが更に加わったこの会場がひとつの作品と云えます。お二人の作家、そして私にとって、はじめての試みです。

向こうにみえる赤と緑の原田作品の壁面は、私が好きなシーンです。

何ともユーモラスな造形です。

「種」と題する原田作品に、番線と枝、オクラレウカの葉でコラボレーション。

この種の中には色が彩色されていますが、どんな色彩かは作者以外、だれも知ることは出来ず、見ることも出来ないのです。会期は5月18日㈯まで、㈪㈫は休み。

 

5月企画展のお知らせ

「絵画の庭に咲く花は?」 原田 要 × 菊池仙陽 展

    Café&Galleryペーパームーン5周年企画

 

2019年5月5日㈰〜18日㈯ ※7日㈫、13日㈪、14日㈫ 休み

11:00〜18:00  

会場:Café&Gallery ペーパームーン https://pmcafe.weebly.com/

企画:studio naive

 

スタジオ・ナイーブ小間ギャラリーで原田要 展を開催したのが7年前。奈良市在住の原田さんは「絵画の庭」と題して木による造形表現をされています。今展は、青森市在住の現代いけばな作家菊池さんとのコラボレーションでその「絵画の庭」がどのような世界で表出するのか?お二人はまだ一度も会ったことはありません。が、会場であるペーパームーン5周年に合わせたこのコラボレーションは、もうすでに密やかにはじまっています。

どうぞ、この時だけの空間の世界をご覧ください。

※ 初日は原田さん、菊池さんとも在廊致します。

 

お茶のシーンの展示風景

「お茶の時間を楽しむ」展示風景 11月3日まで 

 会場/ Café&Galleryペーパームーン

山本景子さんの作品を使った色々なお茶のシーンのテーブルコーディネートをご覧いただくという今回の企画。漆を施した角盆、角皿、角トレーは、料理、お菓子、コースター、壁掛けなど様々な使い方が可能で、特に15儚僖肇譟爾人気でもう完売してしまいました。追作も可能なようです。明日からの後半会期、これから寒くて長い冬に向かいますが「お茶の時間を楽しむ」こころを意識して暮らしてみると寧ろ室内で過ごす長い時間が至福の時間に感じられるかもしれません。アイテムが少なくなっておりますが会場でそんな気分になって頂けたらと想っております。

漆の壁掛けの提案↓(トレーにもなります。12儚兮勝

山本さんの本領である巻胎で形を作ってから漆を施した落ち着いた色調のアクセサリー↓

ブレスレッド(各¥6500)指輪(各¥5000)など。

 

〜お茶の時間を楽しむ〜 vol.2  お知らせ

   インテリアコーディネート

〜お茶の時間を楽しむ〜vol.2  山本景子作品を使って

 

10月26日㈮〜11月3日㈯ ※㈪㈫休み

11:00〜18:00

会場 / Café&Gallery ペーパームーン

企画 / studio naive

 

■ 山本景子(青森市生まれ・横浜市在住 クラフト作家)

    在廊日 10/26夕方、27,28

   トレー、角皿、壁掛け、花入れ、茶杓、アクセサリー(ブレスレッド、指輪)etc.

   

■  展示協力/ 北の風陶房(青森市)

 

「お茶でもいかが・・・?」と何気なく口にしている。私たちは自然にお茶のチカラを借りて友だちや初対面の人、仕事相手、大切な人と、時には自分自身お茶を飲みながら会話を楽しんだり、こころを沈めたりして暮らしています。今回は「お茶の時間」というものに少し意識を向けて、もっと暮らしの中で大切に過ごしてみる、というテーマで山本さんの漆を生かした新作を使ってコーディネートをご覧いただきます。

 

 

 

 

 

着楽服展 春夏2018 展示風景

着楽服 展 春夏 2018 展示風景 

会場/ Café&Galleryペーパームーン(青森市安田)https://pmcafe.weebly.com/blog

6月16日㈯まで ㈪㈫休み 11:00〜18:00

 

SACOデザイン着楽服 いちど身に着けた方がその着心地の良さを実感し、リピーターになって下さっていて、企画者としては本当に嬉しいことです。私は出会って20年、その間、素材はあくまでも天然素材、デザインは少しづつ変化はあってもSACOデザインとしての姿勢は一貫しているような気がします。そして、身に付ける方々も何かご自身に漠然とでも一貫したものをお持ちの方が多いような気がしています。そして、着楽服を通してそういう方に出会うというのも嬉しいことのひとつです。

ひょっとしたら、着楽服が新たな自分との出会いになるかも知れません。どうぞ、お楽しみください。

着楽服 2018春夏 展のお知らせ

   着楽服展 SACOデザイン 2018 春夏

      6月8日㈮〜16日㈯ ※㈪㈫休み

           11:00〜18:00

     会場/Café&Gallery ペーパームーン

     企画/スタジオ・ナイ-ブ

 

東京の国立から尾道に転居されて、海の色や空の色をぐっと身近に感じられる暮らしをされているSACOデザインの漆迫健一さんと中津留恵子さんのお二人は、服作りにもその自然環境が反映されているようです。あくまでも綿・麻・絹といった自然素材を使って、漆迫さんは織地デザイン、中津留さんは編地(ニット)デザインからはじまり、着楽服が出来上がっていきます。今回はサラッと着れるプルオーバーやゆったりしたチュニックやワンピースが出来上がったようです。どうぞ定評の着心地の良さをお楽しみ下さい。

 

神田正信 展 ー 顔「FACE」ー 展示作品

ちょうど会期がはじまった先週土曜日に近くの運動公園の桜が開花し、一週間たった今日もまだ綺麗に咲いています。会場ペーパームーンは拙宅から車ですぐ、そのわずかな時間に目に入る満開の桜、この辺りの景色もなかなか捨てたもんじゃないのです。

 

青森市で10年振りとなる神田正信展(5月5日まで開催)、昨年東京で発表したものに加え、以下の未発表作品3点を含め13点展示されております。

DM作品「秘密」↓

「着脱式B」↓

「解放区」↓

 

展示風景

 

 

 

神田正信展 オープニング演奏会

神田正信展 オープニングで開催したテナーギターによるバッハ楽曲演奏会の様子

テナーギターの寺前浩之氏↓

八戸で何も知らずにCDだけで聴いた時には、チェンバロかと想っていて、その後そのCDが寺前さん演奏のもので、楽器はテナーギターだったと判明し驚いた次第。(因みに、テナーギターは4弦です)

作品の感想を交えながら演奏下さり、また突然のアンコールにも快く応じていただきました。幻想絵画とギターの協演は思いのほかしっくりと馴染んでいました。

 

 

 

神田正信展のお知らせ

KANDA MASANOBU 顔−FACE−

4月21日㈯〜5月5日㈯ 11:00〜18:00 ※㈪㈫休み

 

会場/ Café&Gallery ペーパームーン https://pmcafe.weebly.com/

   090-6855-7345

企画/ studio naive 

   017-781-1067

 

■ オープニング:幻想絵画とテナーギターの競演 

  寺前浩之テナーギターによるバッハの夕べ

4月21日㈯ 18:00〜18:30 (会費¥1,000 要予約)

 

寺前浩之/大阪府出身(八戸市在住)スペインでホセ・ルイスゴンザレスに師事

     スペインギター音楽コンクール第3位 東京・関西中心にライブ活動

 

私のパートナーであります神田の個展です。

昨年東京(銀座/青木画廊)での個展に続き、青森市では10年振りの個展となります。

初日、寺前さんのテナーギターによるバッハ演奏を聴きながら、作品を鑑賞していただきます。

 

 

 

 

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM