キイジョウロウホトトギスと花入れ

ペーパームーンで活けた花

黄色い花は「キイジョウロウホトトギス」。ペーパームーンのお客様が自宅の庭から草花を摘んで持って来て下さり、その中に頭をもたげるような黄色いユリのような花、これはきっと貴重な花なのでは、と、調べてみたらやはりそうでした。茶花で重宝されるホトトギスの一種で、古くから観賞評価が高く、奇品であるともいわれ、野生のものは絶滅危惧種に入っていました。花器にしているのは水差しで、30年くらい前に手に入れたもの。一度だけお茶で使ったことがあるのですが、なかなか使いこなせなかった道具。こうして花器として活かせて、この道具も悦んでいるはずです。処分しなくて良かった・・・。

 

土鍋で栗ご飯!

我が家の裏の林にたわわに実った栗、毎朝2階の窓を開けるたびに栗の木を観察、あっ、実が無い!そそくさと家の外に出て栗が落ちていそうな辺りを眺め、口が開いた殻はあるものの、だいたいが空っぽ。それでも一つ二つとあちこっちにつるんとした可愛い栗が落ち葉の上や隙間にコロンとあってたちまち獲物を探すモード、隣家の姉の家にも2ケ発見!しめしめ、、、、これで18ヶ。

昨夜は集めた栗の皮をむいて砂糖を少しまぶし即冷凍。こうした方がより美味しいらしい。

朝から仕込んでいた昆布水で栗ご飯を炊き、今夜はご飯がメインディッシュ。もち米を6分の1にし、調味料は少しの塩とお酒のみ。野鳥の餌のおこぼれを頂戴した栗ご飯、土鍋で炊いただけなのに何だかご馳走に見える。「ご馳走」って、こういうものなのかなぁ・・・・。

 

 

 

 

 

手作りのケーキを持参して・・・

10年位前にインテリアリフォームをさせて頂いた高齢のお客様、ご主人と二人暮らしでしたが2年前にご主人が亡くなり、リフォームしたお宅を手放し、お一人(80代)で暮らせる小さなマンションに引っ越しをしました。以前お住いのお宅の近くでも売家があって、何年も買い手が付かず、自分の家も呑気に構えていたら、すぐに買い手がついてしまい、一年近く待ってもらい、新たなマンション探しやものの整理や処分で、ほんとうに大変だったらしい。マンションに一度伺ったとき、アップルクランブルを持参したらとても喜んで下さったので、調子にのって今回もまた手作りのお菓子を持参した。ガトーインビジブルというフランスのお菓子で、材料も作り方もシンプルで久しぶりに作ったら小麦粉を入れるのをすっかり忘れて焼きプリンのような触感になってしまい、再度作り直しちょっとだけラッピングもしてご覧のとおり。

卵、牛乳、砂糖、薄力粉、溶かしバターを混ぜたルーに極薄くスライスした林檎2ケ分を入れ型に流すだけの超簡単レシピ。カットするとスライスした林檎がミルフィーユのように何層にもなって見栄えはなかなか、リンゴの酸味と相まってあっさりしたケーキ。今回はレーズンやシリアルを上にのせて焼きました。

お客様も手作りの抹茶ゼリーでもてなして下さり、現在の暮らしについていろいろ話を伺う。息子の家族と同居せず、施設にも入らず自由に暮らすことを選択している。この先、どうなるか不安もあるが、これまでの様々なものから解放されて自由でいられる生活を楽しんでいる。髪を染めるのをやめたら美容院の時間がすっかり短くなり、いろいろな意味で楽になった様子。朱色の髪留めがグレーの髪に合って素敵だった。こんな風に沢山おしゃべりをした日は、ぐっすり眠れるの、と、嬉しそうに話されていた。次回はランチを一緒にと、約束をして帰る。ふっと、自分の20年後を考えていた・・・。

 

 

 

栗が実って来ました!

2階の窓から日々眺めている栗の木、随分大きな実がなっている。昨年は、野鳥たちが食べ残して落ちた栗を拾って、土鍋で栗ご飯を炊いた。20個くらい拾えたので我が家にはちょうど良い量で、自然に生ったこの栗の味は、なかなか滋味深く、思いがけなく秋の至福の食卓となった。今年もあの味が忘れられなくて、また作ろうと目論んでいる。それにしても、自分の家のすぐそばにあるもので食を賄うという事がこんなに心嬉しいものだったのか・・・。春にやはり家の敷地に生えていた蕗のとう、すっかり大きくなっていて、もう食べられないとあきらめていたら、その茎こそが美味しいのだと知人に聞いて茎味噌にしたらこれもまた美味しく、むしろ蕾より茎の方に分があることが判った。この時も何とも云えない嬉しさだった。

 食べるという営みの何か大事なものがこういう行為に隠れているのかもしれない。

未明の震度3、ただならぬ揺れ

あぁ、、、地震だ、と、感じながらベッドにいた。それが次第に強くなりそうで、どれくらいの時間だろう、、、納まるどころかずーっと揺れていて、何か不気味な気配の揺れだった。これはきっと何処かで大きな地震が起きていると感じさせるものだった。わが家の辺りは地盤が堅いせいで震度3でもその揺れによっては震度2か1くらいにしか感じないときもあるくらいで、今回の震度3の揺れはこれまでと何処か違っていた。

 

いったい、日本はどうなってしまうのだろう・・・・高齢化、少子化、介護、年金、消費税、日銀、原発、そして不信だらけの政権、どれを取り上げてもそのシステムに不安を抱きながら暮らしている。それに追い打ちをかけるようにこれでもかこれでもかと自然はますます荒っぽくなっている。こんな状況の行きつく先は・・・せめて国民が信頼を寄せられる国に暮らしたい! 

蛇が出現!

家の三和土に蛇が!!! 

翌日の来客にそなえ、草花でも飾ろうと家の周囲を散策、ふっと玄関の方を振り向いて・・・きゃぁぁぁ〜〜〜 思わず外に出ていたお向かいのご主人に、蛇がぁ〜〜〜と訴えていた。おうっ〜と近寄ってくれて、すぐに長い竹の棒を2本持ってきて、そこに叫び声を聞いた夫もやってきて・・・

蛇は側溝に隠れ、一瞬見失い、そして、再び雑草の中にはい出てきたところを捕まえて・・・・

たぶん青大将だろう、毒は無いから、と、夫。蛇の首を手袋をした手で捕まえて、お隣のご主人が棒をしっぽにつけるとすぐに巻き付き、その体勢で裏の山林に放してあげた。あとで調べたら、やはり青大将。小さな蛇は何度か近くの道端で見たことがありますが、こんな大きな蛇がわが家の前に出現し、本当にびっくりです。

ネズミが大々嫌いな夫ですが、動物、昆虫には悠々たる姿勢の持ち主なのです。

青大将が家にあると縁起がいいという、それはネズミを捕ってくれるからで、いまはネズミに悩まされ無くなって、青大将の有難味を忘れてしまったということでしょうか・・・。

 

詰めの作業・旅支度

スーツケースには衣類の他に、靴、ホテルで履く布草履、茶籠、日本料理クッキングも披露するのでそれに使うおろし器(100円ショップ)etc.

夫のスーツケースには重量のあるものを入れているので私の方はかなり楽!

 

ツアーの海外旅行と違って、いちから組み立てる旅の支度には様々な工程作業がある。まずは日程、航空運賃やホテルの予約も日程を少しずらすと微妙に安くなっていて、それぞれを調べながら日程の落としどころを見つけ決定。15年振りの海外旅行、どんなやり方で使うお金を準備するか・・・これが地方に暮らす悲しさでほんとうに大変だった。はじめに考えたのがセゾン銀行がやっているネオマネーカード、そして、次が都市銀行などで発行しているデビットカード。都内に住んでいるとすぐに出来ることが、どちらのカードも一か月以上かかることが判明。もう少し遅かったら間に合わなかったはず。

 

スエーデンでは人口の60%以上がどんな小さな支払いもデビッドカードを使っているという。現金を使っているとすぐに旅行者と分かってしまうくらいでカードの方が安全らしい。教えてくれた友人も、ストックホルムで随分ATMへ行っていないという。それくらい現金を見ない暮らしをしている。

 

パソコンは持って行くので、旅で感じた事などをこのブログで現地からリポートしようと想いつつ、上手くいくかどうか・・・。

 

スーツケースはもう何度も入れたり、出したりを繰り返し、それもようやく大詰め・・・。

 

(100円ショップトラベルコーナーにあった空気を抜いて衣類の厚みを薄くするビニール袋はなかなか凄い。そして、日本料理のクッキングに使うおろし器も日本製でデザインも良いし、これも使いやすい、恐るべし100均!)

茶籠用の茶杓を特注!

来月スエーデンの友人に逢う旅に出かけます。生粋のスエーデン人の彼女が自宅でスエーデン料理をご馳走してくれるというので、小さな茶籠(120亞僉砲鮖参し、感謝の意を込めて抹茶を立てようと思っています。先月クラフト作家の山本景子さんにこの籠に入る小さな茶杓の制作をお願いしていて、届きました、ウォールナットとブビンガの二つの木が縞模様になったモダンで愛らしいカタチの茶杓。コンパクトに二つ折になる茶籠専用の茶杓は使うときすぐにまた折れようとするのでとても使いにくく、カタチも良くなかったので、これで気持ちがすっきりしました。一個ずつ和紙に包まれた小さなお干菓子(弘前/寿々炉)も用意し、さらに麻の端切れを使って、茶杓用の仕覆まで手作りしていると、夫がやけに感心していた・・・。

 

「旅は他火(たび)である」 宮本常一(民族学者 1907〜1981)

旅とは他人の家のいろりにあたらせてもらい、そこで語り合い情報を交換することなのだ・・・以前聞いたこの言葉がよみがえります。

フランス菊を飾って・・・

 道端でよく見かけるマーガレットみたいな花、実は「フランス菊」ということをつい最近知って、やけに麗しく見えてくる。で、さっそくペーパームーンの前に咲いているのをもらってきて民芸の壺に飾った。名前を知る前と後では感じ方がそれはそれは違うような気がする。そういえば12年前にこの家を建てたとき、scarab house (コガネムシハウス)と名づけた。拙宅周辺は昆虫の宝庫で建ててすぐの頃にコガネムシが玄関に飛んできて閃いた。

自分の家や部屋に、ちゃんと名前を付けてあげる。今からでも遅くはない、家、部屋そのものに人格のようなものが宿ってみえるかもしれない。

どうです、考えてみては?

八重桜!

近くの運動公園の八重桜。

ペーパームーンでの神田の個展会期中はゆっくり桜を眺めることが出来なかったので、まだ八重だったら・・・と行ってみたらご覧のように麗しく咲いていました。身近に公園があると何だか得した気分になります。関東の知人にこの画像を送ったら、もう一気に春の花が咲いてしまったので、この八重桜は遥か昔の懐かしい感じで不思議な気分がするという。以前の私は八重桜はあまり好きではなかったのですが、いまはむしろ八重桜の方が好きになっている。この感じ方の違いはどうしてなのか?

 

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM