<< 勉強会、心うずうず・・・。 | main | リフォームフェアに参加して気付いたこと。 >>

建具一枚の威力



暖房が必要になってきましたが、この暖房器具を如何に存在感を無くし、目立たなくするかにも気を使うものです。特に暖房を使わない季節には、余計そのその存在感が気になります。

平面図は、天井から真下を見たようなもので、図面上は、1,8メートル間口の地袋の中に上手く暖房器具が収まっているようにみえても、実際に出来上がるとご覧(一番上の写真)のように、何か、間延びして暖房器具が居心地悪そうにしています。

現状で出来ることがあるか、ということで、建具をデザインしてみました。引き違い戸は、スペースが足りなくて出来ない為、片引き戸にして必要な季節になったら姿を現す式・・・にしてみました。

建具は、渋い茶系の塗装が必要でしたので、木目が美しく出るように枠材には、栓の無垢の木を使い、面材には、自然素材の紙布を編んだものを貼っています。印象が変わったと思いませんか・・・・。
こういう仕事、なかなか面白いのです。
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM