<< ジャパニーズレッドの箱 | main | ギリシャ ヨーグルトを味わう! >>

やっとボブ・ディラン・・・・。

CD
THE FREEWHEELIN' BOB DYLAN(フリーホイーリン ・ボブ・ディラン)
1963年ボブ・ディランのセカンドアルバムでアルバムの表紙は、まだ無名だったボブ・ディランと恋人のスーズ・ロトロ。腕を組んで歩いている姿が何ともいい写真です。この後、ボブ・ディランは急速に名声を高めていきますが、スーズは一緒にいることのプレッシャーやゴシップに耐え切れず66年に別れています。彼女はウィキペディアによると、早い頃から社会活動を行い、公民権運動にも参加、愛読していたランボーの詩やシュールリアリズムなど前半のディランにさまざまなインスピレーションを与えたミューズ的存在とありました。のちにアーティストとなり2011年、肺癌で亡くなっています。

大学時代同級生の女性がボブ・ディランが大好きで、分厚いディランの詩集のような本を貸してくれたのですが、当時は何だか理解出来ず,すぐに返してしまった記憶があります。そんな私がいま、ディランのこのCDを毎日毎日聴いているわけですが、実は、つい先日ペーパームーンでのサタデーナイトhttp://pmcafe.weebly.com/blog/archives/06-2014に夫と出かけ、ご近所のお客様と音楽雑談して以来、夫がディランの1963年当時のDon't Think Twice,It's All Right(くよくよするなよ)をユーチューブで聴くようになり、傍で聴いていてディランのかすれた声が何とも言えなず惹きつけます、とても20歳とは想えない、トム・ウェイツみたいだ、と夫にいうと、トム・ウェイツがディランの影響を受けているんじゃないか、と。ノーベル賞候補にも上ったことがあったというくらい、彼の詩は難解で深いといわれていますが、やっといま私に沁み込んできます。学生時代、本を貸してくれたあの彼女はずっとずっと大人だったのだと、いま頃気が付いているのです・・・・。
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM