<< アパート完成真近か! | main | 「小さく暮らす」を考えるイベント >>

12月の朗読会

ペーパームーンで昨年からはじまった朗読会は昨日で6回目。今回の朗読作品は、第一部は中世ドイツ・ハーメルンの街から笛吹き男の後に続いて130人の子供の姿が消えたとされる実話がもとになっているドイツの民話「ハーメルンの笛吹き男」、第2部はオスカー・ワイルドの童話の中で最も有名で最も読まれている「幸福な王子」、みすぼらしい姿となった王子の像、凍え死んだツバメの哀愁を秘めた献身的な愛が語られますが、ワイルドの現実を見抜く痛烈な皮肉が込められています。朗読スタッフの私は、朗読にのせる音楽を担当。来場者は殆どの方がリピーター、毎回楽しみにしているようですぐに満席になっています。

CDを操作している私の横で第2部作品の後半、ツバメが死んでいく行ですすり泣きする光景も見られました。

 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM