<< 八重桜! | main | 着楽服 2018春夏 展のお知らせ >>

久しぶりの仙台

藤崎デパート前の山車

インテリア産業協会東北支部設立35周年記念セミナーとパネルディスカッション参加のため久しぶりに仙台へ行ってきました。セミナー基調講演は設立当時から協会の顧問的な立場で設立、運営にかかわってきた島崎 信氏(武蔵野美術大学名誉教授)。その後、東北各県のインテリアコーディネーター倶楽部の設立当時の話をそれぞれの県の代表でパネルディスカション。青森は初代と2代目の会長が退会しているので、3代目の私が参加となった次第。

島崎氏は当倶楽部による小冊子「小さく暮らすを考える」をこれからの時代に合った内容であるとたいへん評価して下さった一方、35年前の設立当時とインテリア産業協会そのものが何も変わっていないことにたいへん不満を抱いていた。・・・「時代はもう変わった」「いまは多様な暮らしの要求の時代」安全や快適というグローバルなもの上に、その国、その地域の暮らし方や価値観の違いがあるというローカルをのせる時代になった。この国は資産をボロボロにしている。いまの建築家はコンクリートとガラスのことしか分からない。日本の木軸工法は手入れがし易く、構造を直しながらインテリアを考える時代になった。これからは手入れをし家を守り、価値を下げないようにする。そして豊かな暮らし、愛着のある暮らし、長い間に住み慣れている暮らし、しみじみとした暮らしの方向に向かっている。・・・・こういう至極当たり前のことをどうしてこれまで大きく語られなかったのか? ひたすら住宅が消費に向かい、販売促進され、時代のニーズばかり追いかけ、ニーズを無理にでっち上げ扇動してきたりもしたような気がする。

 

基調講演、パネルデイスカッションは大はばに時間がかかったものの有意義な内容だった。

そして、懇親会、生ギターで迎えられた会場は仙台の食材を使ったCOOPが運営しているレストラン。大沼牛のステーキは山菜の葉わさびが添えられ、美味しかった・・・。

 

 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM