<< 北欧・リポートNo.4 | main | 北欧・リポート No.6(帰路) >>

北欧・リポートNo.5

Sandgrund KARLSTAD ここがラース・レーリンのパーマネントギャラリー

アパートから歩いて10分ほど、ここはなんと森の墓地で有名な建築家アスプルントが1960年にレストランとして設計した建物でした。

LARS LERINは、独自の水彩技法で描いていて、北欧を代表する作家といわれています。多くの人で賑わっていました。

ちょうどギャラリートークを開催していましたが、スエーデン語なので全くわかりません!

実は、ストックホルムでラース・レーリンの大展覧会を観ていたので、ここは少し物足りなかった。

お昼を買いに近くのサラダバーへ入ったら、ここはこれまで利用していたスーパーやデパ地下のサラダバーと違ってチョイスしたものをお店の人が詰めてくれるスタイル。ちょっと高めでしたが、どれもフレッシュで今まで食べたサラダバーで一番美味しかった! 

そして夕方、食事を作ってくれるといってHannaさんがスーパーの袋を下げて来てくれました。ブラウンのヘルシーなスパゲッティーを茹で、赤い鍋に作ったソースに放り込んであっという間に出来上がりました。これもスエーデン料理、最後にレモンの皮をたっぷりふって、茹でたてのブロッコリーをのせて頂きます。とてもあっさりしていて、日本に戻ったら必ず作ってみようと思います。レモンのサワーが効いた、夏らしい一品でした。まさにファストクッキングです。(赤い鍋、とても素敵、おばあさんが使っていた可なり年季が入ったもの。料理上手だったそうです)

Hannaさんとは今日でお別れです。明日、ストックホルムに移動し、翌日日本へ向け帰ります。

お母さんの赤のTOYOTAの車で、ずっと窓から手を振りながら帰って行きました。

 

コメント
北欧・リポート楽しみにしています。
できれば、終わってほしくないなぁ(笑)
ツアーでは出会えない旅、してみたいです。
それでは引き続き、よい旅を〜〜&#9825;&#9825;&#9825;
あっ 言い忘れましたが、はじめましてです〜!!
  • 森リン
  • 2018/07/27 5:22 PM
コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、ツアーでは体得できない人々の営みや社会システムの構造を少しだけ知ることができ、ハラハラドキドキの連続ではありましたがその分、収穫も大きいと感じています。
  • studio naive
  • 2018/08/03 10:56 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM