<< 北欧・リポート No.6(帰路) | main | 蛇が出現! >>

北欧・リポート 総集編

友人Jennyが行くべきだと推薦してくれたArtipelag、美術館、ショップ、レストランを備えた感度の優れた施設、人気があるので土日は避けた方が良いというアドバイス。ここへ行くには往復バスでも行けますがボートで行ってその景観を楽しみ、帰りをバスにすれば、私が持っている一週間使えるアクセスカードも使えて安上がりということで様々あるボート会社のツアーのサイトから一番シンプルな片道だけのチケットを予約し、いよいよストックホルム群島巡り体験。ストックホルム滞在5日目でした。ボート乗り場は日本のような待合室があるような船着き場ではなく、バス停のような感じでツアーごとにポールが立っているだけ、関係者は誰もいません。実は前日に総合窓口みたいな場所にいって確認しておこうと勝手にイメージしていったのですがそれらしいものが全く見当たらず、通りがかりの人に聞いてやっと判明!ことごとく自分の体に浸み込んだ日本のシステムが通用しない事に、頭がやられてしまいます。船は1時間前に来ましたがネットで予約した画面をタブレットで見せようとしたら、名前だけ聞かれ、それで乗船OK。

浅瀬に入らないようにポールが立っている間を通ります。ボートから見える景色は、まったく違っていました。

日本の住宅にも似たモダンな家が立ち並んで、どの家も水面までの長い階段がついていて、泳いだりボートに乗ったり出来るようになっています。ジーンセバーグが演じたサガンの悲しみよこんにちわの避暑地のシーンを想い出していました。

約1時間でArtipelagに着きました。沢山の降りた人たちが歩いていくのについていき15分くらいかなあ・・・

正面は黒い板をモダンに使って、彫刻が効いています。野外を散策するとユニークな彫刻が自然に溶け込んでひょっと迎えてくれます。

着いたのがちょうどお昼だったのでレストランは物凄く混んでいて、スエーデン語で書かれた大きなメニューは訳が分からず、オープンサンドのショーケースを指さしてチョイス。何とか注文出来ました。ローストビーフとニシンの酢漬けを選び、ビールとコーヒー。私が食べたニシンの方はあっさりした感じで選んでみたのですが、ちょっと難しかった・・・。どれもそうなのですがボリュームが凄いです。感度の高いデザインショップもあり、充分に楽しめる施設(ですが、残念なことに、日本でかなりのものが紹介され、何となく見たことがあるような気がしてどうしても購買意欲が沸きません。)東洋人は我々以外は一人旅風の女性だけでした。開催中だった展覧会、Bloomsbury Spiritという20世紀初頭イギリスで起こった平和主義・自由主義のグループの活動を紹介していました。バージニア・ウルフの写真が興味深かった。高齢の女性が素敵なデザインの折りたたみ椅子を持参していて、時に座ってじっと鑑賞していたのが印象的だった。(画像の右端に見える女性↓その椅子を持っています。)

2日後、必ず見たいと想っていた世界最古のスカンセン野外博物館(1891年〜)に路面電車トラムで出かけました。1900年初頭、柳宗悦、浜田庄司、河合寛次郎たちがここに感銘し、日本民芸館設立へと繋がった場所です。

撮影は×となっていましたがスエーデンの民族衣装を着たガイドさん、フラッシュを使わなければ撮影OKと親切に教えてくれました。ここスカンセンは画像にあるような建物が点々と立ち並ぶ野外博物館かとイメージしていたのですが、ファミリーで楽しめるような動物園やアトラクションの工夫が随所にあって物凄く広くて、興味のある建物だけ入りました。日陰で休憩していたら、ほら、またマタニティファーザーが・・。

旅の中盤はコペンハーゲンへ移動し世界一美しいといわれるルイジアナ美術館へ

入口は拍子抜けするほど普通の家のようで、云われなければここが美術館なんて気が付きません!あとでわかったのですが人を威圧するような建物ではなく静かに迎入れるような美術館を目指したという創設者の強い姿勢があったのです。

50,60年代のアメリカの現代美術の充実したコレクションを中心に、彫刻も充実、特にジャコメッテイが有名。「歩く人」を展示していた空間は実に印象的だった。ソファーや椅子を作品の前において置いて「美術館疲労」を癒すのではなく、それを癒すのはむしろ自然や風景の前ではないかということを考えさせられます。

 

レストランには見渡す大きな窓、向こうは海です。赤いオブジェはカルダー。

 

紹介したいシーン、北欧で考えさせられた暮らしについてまだまだあるのですがこの辺でおしまいにします。

ブログでこの旅をふっと想い出したとき、たまに触れてみたいと想います。

 

 

 

コメント
しっかり自分の足で歩いた北欧リポート、
naiveさんの旅なのに、こちらにも響き
ました。
スカンセン野外博物館、ルイジアナ美術館
心にメモしておきます。
ジャコメッティ「歩く人」の展示空間に
「佇む人」絵になりますね〜。
ぜひまた北欧の旅、思い出して下さい(笑)


  • 森リン
  • 2018/08/20 4:10 PM
北欧から帰って以来、何やら自分の暮らしのあちこちが気になっています。またその辺を触れてみたいと想います。
  • studio naive
  • 2018/08/21 7:35 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM