<< さらばモスクワ愚連隊  | main | 小さく暮らす ”キッチン編” 3月イベント開催 >>

雛祭りのインテリア

 お雛様のインテリア

紅白の和紙で形代を作って額に入れ、菱形の紅い和紙を敷いた上に彼岸桜を鶴首の一輪差しに活ける。これだけで少し春の気分が室内に漂って、気分一新!

 

雛祭りは、3月初めの巳の日に川に入って身体の穢れを祓うという古代中国にあった禊(みそぎ)の儀式が日本に伝わったのがはじまりで、日本では自分が川に入るのではなく人形(人の身代わりのことを形代という)に疫病や穢れ、災いを移して海や川に流すという形式になり、流し雛に繋がっていったと云われている。

 

こんな意味を考えていくと、決して華美な雛人形である必要は無いと想えてきます。

 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM