<< 雛祭りの献立は、やはり! | main | 小さく暮らす キッチン編 会場風景 >>

冷蔵庫は人生を複雑にする?

元朝日新聞記者でアフロヘアーがトレードマークの稲垣みえ子さんのアエラ連載「アフロ画報」の冷蔵庫の記事が面白い。3・11をきっかけに冷蔵庫を持たない生活、節電生活を実践している稲垣さんは、朝日新聞に掲載された冷蔵庫の片付けを進める記事に注目する・・・すぐ食べるもの、急がないものを区別し一目でわかるようにすれば食材を腐らせることもなくなり食事の支度の時間も短縮できる・・・これに対し稲垣さんは考える

 「思うに、冷蔵庫は人生を複雑にするんですよね。それは、冷蔵庫の中には欲が詰まっているからです。あれも食べたいこれも食べたい。でも実際に食べられるものは限られていて、一時の欲はいつの間にか忘れ去られ、腐り……という無限ループ。そうこうするうち自分が本当は何をしたいのかがわからなくなる。ここをちゃんと制御できる人(冷蔵庫を整理できる人)は問題ないんでしょうが、私には無理だった。なので冷蔵庫をやめて強制的に欲望を制御されスッキリ。冷蔵庫は私の人生を腐らせていたのです。」

 

なまじ冷蔵庫があるばかりに・・・どんどん備蓄して、その内に備蓄したものを完璧に消費できるかどうかという問題を抱えていく。その日食べるものをその日に買っていた時代があった。賞味期限のラベルが付かなくても、ちゃんと自己判断能力が備わっていた。

・・・ものを腐らせない為の冷蔵庫は、ものを腐らせるという皮肉をはらんでいた・・・・

 

 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM