<< 四十肩? 〇〇肩? 痛い、痛い! | main | 言葉を通して見える世界 >>

帯状疱疹!!!

痛みが続いていた右肩甲骨に急に赤々とした発疹が出て、湿布に負けたのか、と、皮膚科を受診したところ、なんと帯状疱疹だった。医師によると、一週間くらい神経痛のような痛みが続き、その後皮膚に発疹が出て、はじめて帯状疱疹と診断するのだそうです。私の痛みもちょうど一週間前からでした。痛みの原因がはっきりし、鎮痛剤だけだったのが、適確な薬を処方されて、安堵感のせいか、痛いのですが気分が全く違います。 首も肩も自由に動くのに肩が痛いという症状に、整形の医師は、レントゲンも撮り、四十肩という診断をした訳ですが、本当に痛い時だけ鎮痛剤を飲んでと、云ったのも、四十肩にしては随分軽いとふんだのでしょう。皮膚科を受診するまで、腕や肩が固まらないように、ひたすらマッサージ、肩の運動をしていたのに、一転して、体をあまり動かさないで安静にしなければならないのですから・・・・診断の違いの怖さを思い知らされます。

 

こんな体験報告も、ひょっとしたらいつか誰かの役に立つかもしれません。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM