<< たかがお握り、されどお握り! | main | 夢を気にするという事、、、、 >>

エフォートレスの時代の先は?

新聞にエフォートレスという耳慣れない言葉を見つけて、調べてみたら・・・。

エフォートレスとは、努力を必要としない、無理のない、肩肘張らないという意味で、ファッションの分野で使われだし、等身大のナチュラルな自分らしさを大切にしたスタイルをいうのだそう。ここまでなら、まだ洗練さが残るが、このことばと呼応するように、おしゃれはいまや、競うものではなく、頑張らなくてもよいもので、むしろ、おしゃれを嫌う傾向だという。「カッコイイ」はおしゃれをしていないことになるらしい。

「食」の方では、頑張らなくても簡単に作れ、しかも美味しいというものが好まれ、テレビ番組、書籍、化粧、ライフスタイルなど多分野が「ゆるさ」に向かっている。名著、歴史の漫画化においても、文字は出来るだけ少なく、流れをおおむね分かれば良いといういまどきのニーズに出版社がこたえている。

「ゆるさ」の猛威はどこまで続くのか?そして、「ゆるさ」の行きつく先に待ち受けているものは? 私もいつの間にか「ゆるさ」の猛威に浸りかけているような気がする。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM