<< オーストラリアの山火事が心配・・・ | main | 相馬村の林檎祭り >>

ローカルな靴修理屋さん

片方のブーツの底がはがれてしまってずっとそのままにしていた。とうとう雪がちらつき出して、そろそろ修理に出さなきゃ、と、いつも気になっていた近場のローカルな古〜い靴修理屋さんに持ち込んだ。店内には長靴やら時代遅れのような売り物の靴が棚に並んでいる靴屋さんで、靴・かばん修理と書いた手書きの看板を通りに出している。いつも車で通るたびに此処だけ時間が止まっているような空気が漂っていた。勇気を出して、ごめん下さい、と、云っても人がいる気配は無く、何度呼んでも同じで、諦めかけた時、前掛けをした主人と思われる老人が店に入って来た。私を見るなり、すぐに察したように、通りから見える修理の場に座り、ブーツを見て、明日出来る、と、名前を聞く訳でもなく、預かり伝票を渡すでもなく、何の愛想も無い。靴の修理はこれまでデパートの中にあるチェーン展開している店に持ち込んでいたので、何だかその落差とあまりのあっけなさに、拍子抜け。

翌日、ちゃんと出来てるかなあ、とか、いくら位かなあ、と、預けたブーツがすぐに分かるようにもう片方を持っていった。この日は皮のバックを直してした。埃のついた使い古しのビニール袋に修理したブーツを無造作に入れて渡された。いくらですか? 「500円、、、」 

何だかこんなやり取りが妙に新鮮に感じたのは、どうしてだろう、、、、

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM