<< わが家の消毒マン! | main | 福祉大国スウェーデンの厳しさ >>

1ヶ月兵糧計画のはずが・・・

ゴールデンウィークに入る10日程前に買い物リスク回避の為、1ヶ月兵糧計画を立て、食材や日用品をまとめ買いをして過ごしていた。野菜、肉、魚、乳製品、納豆、豆腐、ワイン、チーズ、果物、パン用強力粉、その他もろもろメモに書き出す作業をして臨んで、ほうれん草、ニラはカットして生のまま冷凍、もやしは袋ごと冷凍し、日持ちのする玉ねぎ、じゃがいも、人参もぬかりなく準備し、生野菜は初めのうち食べて、その後のサラダ用にキャベツと玉ねぎスライスの酢漬けも仕込み、キノコ類は数日干してから冷凍し、我ながら上手く準備出来たと想っていた。ところが2週目で気が付いた、肉類は充分あるのに、野菜は玉ねぎ3個、大根10僉▲乾椒25僉△曚Δ譴鸛靂篥1パックだけになって、とてもあと2週間なんてありえない!野菜の仕込みが甘かった・・・。

で、昨日はスーパーを避け、農協で野菜を買ってきた。いつもほど種類はなく、買えたのが小松菜、シソ、地ニラ、体菜、ゴボウ、カブ。(新鮮なこういう食材が身近に手に入ること自体、何だかこころが晴れ晴れした気分になる)

 

1ヶ月買い物をしないというはじめてのサバイバルモードで、いろいろ気づいたことがあった。食材が順々に減っていく快感と心配?もあった。でもいちばんハッキリしたのは、食の在り方で私には我慢というものがなかなかできないということだった。ネット上では一週間の食材買い出し、献立の極意など出ていて、その手際の良さに見とれてしまう。それぞれの食のスタイルで実にうまく工夫していたけれど、何だか自分とは違う。結局は自分のスタイル、嗜好でやるしかなにのだ、と、、、。コロナ禍のサバイバルモードは、今後何かまた思いもかけない事態のためのトレーニングとなっていくのだろうか? そんな時は我慢できないなんて、言ってられないのかもしれない・・・。

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM