<< たらこスパゲッティーと帆立の稚貝ワイン蒸しと本 | main | 1日2食生活 >>

都知事選に想う

昨夜はペーパームーンで都知事選の話題でヒートアップ。帰りに花壇に群生していたハーブ、オレガノとミントを摘んでテーブルに飾る。何だか家の空気まできれいになった気がする。オレガノはサンドイッチに、ミントはサラダに使える。

都知事選の結果がすぐに判明し、小池氏が再選された。前回の都知事選と違ってテレビ討論が一切開かれないまま投票日をむかえ、世論も小池リードというムードだった。東京都民ではないけれど、東京が変われば、日本も変われるかもしれないと密かに願っていた。テレビを見ない私にはわからないけれど、世論を形成する強固な「空気」があったようだ。

 

ふと山本七平/著「空気の研究」(1977年刊行・日本人論の原点としての決定版といわれる)をまた読んでみたくなった。難解で読了出来なかった本ではあるけれど、戦艦大和が無謀な出撃をするに至ったものが、根拠のない「そうせざるお得ない」という力のこもった「空気」であり、いっぽう無謀であると断じた人々には細かいデーターと明確な根拠があったという興味深い事例を挙げながら、日本人の最終決定をしていく特有の「空気」について考察をしている。投票行動が知らず知らずにいつもテレビに出てコロナ会見をしているムードが根拠のない力を持った「空気」だとしたら、、、、その先には何があるのだろう。

 

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM