<< 梅干し初挑戦! | main |

餃子の皮をつくる

コロナ禍がはじまってから、けっこう料理に時間をかけて過ごしている。そんな中、餃子も皮から作ってみようとネットで調べ、今日でもう3回作っている。粉の配合(南部もち小麦粉も少し入れた)や作り出す前の段取り全てがこれまでで一番うまくいった。冷蔵庫で生地を30分寝かせる工程が2回あり、この間に餃子の餡を仕込んだりする。麺棒で丸いかたちにするころには、生地が何とも言えない綺麗な肌わいになっていて、麺棒をあてる作業も不思議と快感になってくる。無心に一枚一枚のばして、最後はお茶缶の蓋で綺麗な丸にぬいていく。

料理教室に通っていた20代の頃、専科のコースで招かれた先生で青森市内にあった人気の中華料理店の店主が美しい作業で餃子を作っていたのを想い出す。

 

餃子の餡には、今回は自家製醤油麹を肉の方に浸み込ませ30分置いたものを使った。あとはキャベツ・ニラ・ねぎ・生姜・オイスターソース・キビ砂糖・酒・ごま油で合えて準備完了。たれにも醤油麹を使った。

今回の手作り餃子は、一番の出来! 以前画廊の人から美味しいと聞いて行った銀座の小さなラーメン店で食べたこんな形の餃子を想い出している。すごく美味しかった・・・。また行ってみたいけれど、いつになったら行けるだろうか・・・。そして、まだその店はあるだろうか・・・。

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM